Black Friday

clamの坂本です。
 
11月もまもなく終わろうかという衝撃です。
クリスマスイブまであと1ヶ月。
今年も残り少なくなってきたわけですが、当店では初の試みを。
 
 
クーポンコード:DWXZ-9VIV-FJH2-4TJT
 
ブラックフライデー」近年よく耳にするワードですが調べてみると、
アメリカでは11月の第四木曜日が感謝祭(祝日)となっており、商店が閉まるのですが翌日の金曜日はクリスマス商品を買い求める客でごった返し、赤字だった店も黒字に転じるという意味で名付けられたそうです。
 
そして当店もアメリカのイベントにあやかろうと「ブラックフライデーSALE」を実施します。
 
 
これから大活躍するアイテムや、定番商品まで全て対象でオール15%OFFのクーポンを発行中です!
 
実店舗では全品15%OFFのセールを開催中です!
 
三日間限定のお得なイベントとなっておりますので、この機会に是時ともお買い求めください。
 
それでは
 

ブリティッシュスタイルなら

clamの坂本です。
 
すっかり冬の気候となりましたが、皆様体調はいかがでしょうか。
巷ではインフルエンザが大流行しているとか。
私はインフルエンザには罹ったことにはないのですが、コロナの事もありましたし油断はできませんね。
皆様も体調管理にはくれぐれもお気をつけください!
 
さて今週末よりまたまた大寒波がやって来るとのことですが、冬支度はもうお済みですか?
アウターの準備はできていても薄手のパンツしか持ち合わせがなく、下半身が冷えるなんてことはありませんでしょうか。
本日はそんな時に重宝するアイテムの紹介です。
 
 
BARNSTORMER マッカーサーツイード生地を載せたモデルとなります。
 
 
こちらは目付のしっかりとしたヘリンボーンツイード生地で、ブリティッシュな空気がぷんぷん漂っています。
 
ここは厚手のウールソックスと合わせたくなりますね〜
 
 
 
重めの生地ゆえ、クリースが消えにくいという利点もありますし、なにしろ「ストン」と落ちるシルエットが楽しめるのがいいですよね♪
 
 
裾はいわゆる「ふらし」ですので、裾上げが必要です。
当店では裾のお仕上げはダブル仕上げを推奨します。やはりクラシックな装いにはダブル仕上げは必須ですからね。
股下が96cmもありますので、かなり背の高い方でもダブル仕上げでもカバーできます。
 
 
しっかりとした生地の紺ブレに合わせたいですね!
 
 
ブリティッシュスタイルに、アメトラに、イタリアンカジュアルに。
レザーに合わせてもいいですね。
使えます。
いかがでしょうか?
 
それでは

レトロですが新しい

clamの坂本です。
 
すっかり寒くなりまして、街ゆく人も冬の装いに変わりましたね。
コートなんかもすでに着れる気温ですので、冬のおしゃれが楽しめて嬉しくなりますね♪
 
本日は寒さが厳しくなる季節ににぴったりな商品をご紹介したいと思います。
 
 
 
PYRENEX のニューモデル「SHIFT」です。
70〜80’Sに流行したようなレトロデザインで、ややゆったりとしたシルエットが特徴です。
 
オーバーシルエットということで、今的なスタイリングにばっちりはまってくれそうです。
 
 
袖には通常のデザインとは異なるレトロデザインのワッペンがつきます。
 
 
高く設計された襟周りや、裾のドローコードで冷気の侵入を防ぐ本格的な仕様も見逃せません。
 
 
ポケットの内張には保温性のあるフリースが。
こういうところも流石なディテールですね。
 
 
ゆるいシルエットですがドレスパンツとも相性良しです。
 
 
もちろんカジュアルスタイルにも。
 
今まで各ブランドではスタイリッシュなデザインのダウンジャケットが多かったですが、今ではアウトドアデザインのようなシルエットの物も逆に新鮮ですよね。
 
今選ぶならこんな感じのを選んでも面白そうですよ♪
 
それでは
 

ヴィンテージ感がいいんです

clamの坂本です。
 
立冬を過ぎまして、やっと寒くなってきましたね♪
私は極度の暑がりですので、寒くなればなるほどテンションが上がります。
やっと冬のおしゃれが楽しめる季節になってきましたので、存分に楽しもうと思います。
 
本日は寒くなれば当然必需品となるアウターを紹介したいと思います。
 
 
PYRENEX STEN2
 
フランス南西部のサンセベ村で作られる高品質ダウンブランド「PYRENEX」の「STEN2」です。
 
同社のヴィンテージコレクションで絶大な人気を誇っていました「ヴィンテージミシック」。
STEN2はミシックの後継モデルとして誕生しました。
 
 
ヴィンテージ感あふれるシャイニーナイロン生地や、ヴィンテージデザインのブランドワッペンなど随所にこだわりを感じますね。
 
 
23FWのPYRENEXオフィシャルでも登場しています。
首元まで覆われて防寒性も申し分ありませんね。
 
 
こちらアニチューブでも紹介されています。
 
 
スポーティーなスタイルはもちろん、ドレスカジュアルに合わせるのにも全く問題ありませんね。
 
750フィルパワーで非常に温かいダウンですので、インナーはシャツやカットソーでもかなり温かいです。
この冬はこれで決まりですかね。
 
 
それでは

S・O・R・E

clamの坂本です。
 
阪神タイガースが38年ぶりに日本一になりましたね!
私38年前は当時10歳でしたが、その頃のことを鮮明に覚えています。
当時も家族で優勝セールに出向いたことなど、思い起こせば懐かしいですね〜。
ということで、当店でも優勝セールを実施中ですので、是非ともご来店ください!
 
さて本日も前回のブログと同じブランドのアイテム紹介です。
 
 
Joshua Ellisのカシミヤマフラーです。
前回ご紹介のものとはサイズが異なり、180cm × 30cm と、ややコンパクトになっています。
 
 
 
タータンチェックが3柄、そして幅がやや大きい 180cm × 50cm サイズのグレーのソリッドカラーがございます。
 
こちらの4点ですがサイズがやや小さいとはいえ、価格が従来のものより低いことにお気づきいただけたでしょうか。
タグもよく見てみると違うものが付いています。
 
 
従来より使われていますインラインのものはこちらのシルバータグですが・・・
 
 
今回ご紹介のものにはこちらのブラックタグが。
 
イギリスではブレグジットをはじめコロナ禍での工場停止などの影響が甚大でした。
そこでジョシュアエリスではブランドのサプライチェーンの見直しが行われ、コストを抑えるために長く工場に保管されていた残糸を使用して作られたのが今回ご紹介のブラックタグのものというわけです。
 
残糸で作っただけで品質は全く遜色のないジョシュアエリスの「それ」なわけでして、価格も含めて大変お得なアイテムとなっています。
 
 
スーツやジャケットに合わせるのにもちょうど良いサイズ感です。
そろそろ寒くなります。
今だけのブラックタグ。
いかがですか?
 
それでは
 
 

今年も綺麗なカラーが

clamの坂本です。
 
肌寒い気候になり、おしゃれが楽しめると思っていたのも束の間。
11月なのになんなんですかこの暑さ!話が違うじゃないですか・・・
この異常気象に腹を立てながらこのブログをしたためております・・・
 
とはいえ、11月ですので平年並みの気候に戻るはず!と自分に言い聞かせながら本日はこちらのご紹介です。
 
 
お馴染み、Joshua Ellis のカシミヤストールです。
Joshua Ellis のカシミヤストールといえば大判サイズが有名ですが、当店では190cm × 35cmのマフラーサイズでご用意しています。
 
 
柄はジョシュアエリスお得意のプライマリーブラックウォッチが3色と、ウインドペーン1色の4点です。
 
ここのブランドのものは発色が綺麗で、暗くなりがちな冬の装いに華やかさをプラスしてくれるのが特徴です。
柔らかな高品質カシミヤで保温性も文句なしでございます。
 
 
当店のアイテムでカラーを合わせてみました。
相性の良いカラーとの組み合わせも良いですし、マフラーに配された各色を拾っても良いですし、コーディネートが楽しくなりますね♪
 
190cm×70cmの大判でのお取り扱いのショップは多いですが、「大判は大きすぎるな」というお客様もいらっしゃるかと。
大判ですと首元のボリュームが出過ぎて、男性にはやり過ぎな印象も・・・
何かと便利なマフラーサイズはいかがですか?
 
それでは

OUTER FAIR

clamの坂本です。
 
気づけばもう10月も終わりますね・・・
今年もあと2ヶ月。
寒さはいつやってくるのでしょうか笑
 
未だ日中は半袖でも過ごせるほど。
今年は暖冬になると聞いていますが暖かすぎますね。
しかし寒波はいつやってくるかわからないもので、来るべき寒さに備えて冬支度は万全に行いたいですよね!
 
そんな冬支度の第一弾としまして当店ではこんなフェアを実施中です。
 
 
OUTER FAIRと題しまして、「いつくるかわからない寒波に今のうちに備えていただこう」というフェアでございます。
 
期間中は冬のアウターが、店頭表示価格より10%OFFのお値段でお買い求めいただけます。
これから手放せなくなるアイテムが、既に割引価格で購入いただける大変お得なキャンペーンでございます。
 
 
大人気ブランドのコートや
 
 
人気急上昇中のダウンブランドや
 
 
あのレザーブランドまで。
 
 
今のうちの購入がおすすめです。
 
 
それでは